410 410 1つのフィールドに複数の値を格納(複数の値の許可) | 初心者のためのOffice講座-SupportingBlog2 Yoshiko Hamamoto

1つのフィールドに複数の値を格納(複数の値の許可)

Access2007では、1つのフィールドに複数の値を格納することができます。
たとえば、担当者は一人じゃなく、二人という場合もありますね。
ルックアップウィザードで「複数の値を許可する」のチェックボックスをオンにすると、チェックボックスが表示され複数選択できるようになります。

データ型のルックアップウィザード

デザインビューを開き、「担当者」の「データ型」で「ルックアップウィザード」を選択します。
コンボボックスに表示したいデータの元になるオブジェクトを選択します。
「次へ」をクリックします。

フィールドを選択します。
「次へ」をクリックします。

列の幅を指定して「次へ」をクリックします。
並べ替えの指定がありますが、そのまま「次へ」をクリックします。

複数の値を許可する

「複数の値を許可する」のチェックボックスをオンにして、「完了」ボタンをクリックします。
「フィールドプロパティ」の「ルックアップ」タブの「複数の値の許可」が「はい」に設定されています。



データシートビューで確認

データシートビューに切り替えると、↓のようにコンボボックスにチェックボックスが表示されて、複数選択できるようになっています。

複数の担当者を表示できます。


データシートビューから設定

また、この設定はデータシートビューからも出来ます。

データシートビューの「データシート」タブの「フィールドと列」グループの「ルックアップ列」をクリックします。デザインビューと同じようにウィザードが表示されます。

あるいは、「既存のフィールドの追加」をクリックしても同じように設定することができます。

ルックアップウィザードを使ってリストを設定する方法は、以下の記事でも解説しています。
ルックアップウィザードを使用して値のリストを設定(別のテーブルから取得)(Access2010)

ルックアップウィザードを使用して値のリストを設定(表示する値を入力して設定)
(Access2016)

【注意】この機能は、単純なデータベースを作る場合は便利かもしれませんが、複雑なデータベースになると、問題が起きることもあります。