410 410 プレースホルダーの再表示 | 初心者のためのOffice講座-SupportingBlog2 Yoshiko Hamamoto

プレースホルダーの再表示

PowerPoint2007でプレースホルダーを削除したあと、再表示する方法です。

「ホーム」タブの「リセット」

削除したプレースホルダーを再表示するには、「ホーム」タブの「スライド」グループにある「リセット」ボタンをクリックします。

ポップヒントには、以下のように記されています。
リセット
スライドのプレースホルダの位置、サイズ、書式を既定の設定に戻します。

簡単にプレースホルダーを表示することができます。

右クリックのショートカットメニューの「スライドのリセット」

右クリックのショートカットメニューから「スライドのリセット」をクリックしても同じです。ただ、プレースホルダーやテキストボックスなどを選択していない状態で右クリックしてください。


PowerPoint2003の時より、簡単にプレースホルダを再表示できるようになりました。

プレースホルダーの再適用 | PowerPoint2003 | 初心者のためのOffice講座

リセットボタンについては、PowerPoint2010でも解説しています。

[リセット]ボタンで削除したプレースホルダーを再表示(復活) | PowerPoint2010 | 初心者のためのOffice講座

書式のクリアとの違いは以下の記事を参照してください。

すべての書式をクリア

プレースホルダーはテキストボックスより編集が簡単

プレースホルダーを使ってスライドを作成したほうが、スライドマスターで一括して変更ができるので後々便利です。効率よく編集することができます。

スライドマスターで箇条書きの変更

プレースホルダーの活用については、以下の記事で解説しています。

プレースホルダーを理解して活用しよう | PowerPoint2016 | 初心者のためのOffice講座