410 410 フォームに日付選択カレンダーを表示 | 初心者のためのOffice講座-SupportingBlog2 Yoshiko Hamamoto

フォームに日付選択カレンダーを表示

Word2007では、フォームで日付選択カレンダーを表示できるようになりました。日付の入力はカレンダーからクリックするだけで簡単に入力することができます。

[開発]タブの表示

コントロールを利用するには、まず「開発」タブを表示させます。
既定では非表示になっています。

Officeボタンをクリックして、右下にある「オプション」をクリックします。

「Wordのオプション」ダイアログボックスの「基本設定」から「[開発]タブをリボンに表示する」のチェックボックスをオンにして「OK」ボタンをクリックして閉じます。


Office2010以降の「開発」タブの表示は、以下の記事で解説しています。

開発タブの表示 | Office2010 | 初心者のためのOffice講座

「日付」の挿入

「開発」タブをクリックして、「コントロール」から「デザインモード」をオンにして、「日付の選択」をクリックします。


「プロパティ」から表示形式の設定

「コントロール」グループの「プロパティ」をクリックして、


表示形式などを設定することができます。


デザインモードをオフにして文書の保護

「デザインモード」をオフにして、「文書の保護」をクリックします。

「編集の制限」から「フォームへの入力」を選択して、「はい、保護を開始します」ボタンをクリックします。


カレンダーから日付選択

カレンダーから日付を選択できるようになります。


「今日」のボタンで今日の日付を入力することができます。

Excelでも日付選択カレンダーを表示することができます。
 
カレンダーをクリックして日付を入力 | Excel2007 | 初心者のためのOffice講座

以下は、Word2007のコントロール関連のページです。

コントロールのコンボボックスとドロップダウンリストの違い

コントロールのリッチテキストとテキストの違い

以下は2007以外のコントロールに関する記事です。

テキスト範囲のグループ化(編集ロック) | Word2010 | 初心者のためのOffice講座

コンボボックスの作成 | Word2013 | 初心者のためのOffice講座

オプションボタンの挿入とグループ化 | Word2013 | 初心者のためのOffice講座

オプションボタンの既定をオフにするには | Word2013 | 初心者のためのOffice講座

コンテンツコントロールとフォームコントロール | Word2010 | 初心者のためのOffice講座 

以下は、Excelでの解説です。

オプションボタンの挿入 | Excel2013 | 初心者のためのOffice講座

チェックボックスを使って自動集計 | Excel2013 | 初心者のためのOffice講座