410 410 コントロールのリッチテキストとテキストの違い | 初心者のためのOffice講座-SupportingBlog2 Yoshiko Hamamoto

コントロールのリッチテキストとテキストの違い

[開発]タブのコントロールの中に「リッチテキスト」と「テキスト」というコントロールがありますが、この2つの違いについて解説します。

「開発」タブの表示

コントロールを利用するには、まず「開発」タブを表示させます。 既定では非表示になっています。

Officeボタンをクリックして、右下にある「オプション」をクリックします。

「Wordのオプション」ダイアログボックスの「基本設定」から「[開発]タブをリボンに表示する」のチェックボックスをオンにして「OK」ボタンをクリックして閉じます。


リッチテキストとテキスト

Wordでフォームを作成するときに「開発」タブの「コントロール」にあるコマンドを使いますが、その中に「リッチテキスト」と「テキスト」があります。


「リッチテキスト」と「テキスト」を使い、フォームを作成して保護をかけました。

●「リッチテキスト」では「Enter」キーで改行して入力することができますが、「テキスト」では、改行することができません。
 

「リッチテキスト」は、コントロール内でフォントやフォントサイズなどの文字書式を混在できますが、「テキスト」は、全体が同じ文字書式にしかできません。

Word2007の「開発」タブのコントロールについては、以下のページでも解説しています。

コントロールのコンボボックスとドロップダウンリストの違い
 
フォームに日付選択カレンダーを表示
 
以下はWord2007以外のコントロールに関する記事です。

コンテンツコントロールとフォームコントロール | Word2010 | 初心者のためのOffice講座 

テキスト範囲のグループ化(編集ロック) | Word2010 | 初心者のためのOffice講座

コンボボックスの作成 | Word2013 | 初心者のためのOffice講座

オプションボタンの挿入とグループ化 | Word2013 | 初心者のためのOffice講座

 オプションボタンの既定をオフにするには | Word2013 | 初心者のためのOffice講座

Excelでも解説しています。

カレンダーをクリックして日付を入力 | Excel2007 | 初心者のためのOffice講座

オプションボタンの挿入 | Excel2013 | 初心者のためのOffice講座

チェックボックスを使って自動集計 | Excel2013 | 初心者のためのOffice講座