410 410 2文字の囲い文字 | 初心者のためのOffice講座-SupportingBlog2 Yoshiko Hamamoto

2文字の囲い文字

2文字を囲んだ文字を作りたい場合の方法です。

2文字を囲んだ文字の作成-3つの作成方法

①は囲い文字をフィールドコードで編集したものです。

②はテキストボックスとオートシェイプの円を組み合わせたものです。

③はオートシェイプにテキストを追加したものです。

②はテキストボックスの線なし、オートシェイプの色なしの設定でできますね。

フィールドコードを編集して作成する方法

ここでは、①の囲い文字のフィールドコードを編集して作成する方法を紹介します。
「ホーム」タブの「囲い文字」をクリックすると、「囲い文字」ダイアログボックスが表示されます。


下のように文書内に表示されます。
キーボードから「Alt」と「F9」キーを押して、フィールドコードを表示させます。
以下のように表示されます。

「印」の前に「職」を入力します。

〇の大きさを大きくして位置を下げる


○を選択して、フォントサイズを「32」にします。

フォントのダイアログボックス起動ツールをクリックして、「フォント」ダイアログボックスを表示します。

「文字幅と間隔」タブで「位置」を「下げる」にします。



職員の文字の位置を上げる


「職員」の文字を選択して「文字幅と間隔」タブで「位置」を「上げる」にします。



「Alt」と「F9」キーを押して、フィールドコードを非表示にします。
いろいろ工夫してみてください。

フィールドの関連記事

フィールドコードについては、以下の記事も参考になると思います。

ルビ(ふりがな)の小技

囲い文字の小技

取り消し線に色をつける

ルビに色をつける

ルビを下につける

ワードの文字化け?

日付の自動更新もフィールドコードです。

最終更新日時を自動で表示

自動的に更新される日付や時刻を挿入