410 410 貼り付ける形式が「四角」でも表に画像を挿入できます | 初心者のためのOffice講座-SupportingBlog2 Yoshiko Hamamoto

貼り付ける形式が「四角」でも表に画像を挿入できます

Word2010では、表内に画像を挿入する時、「図を挿入/貼り付ける形式」が「四角」の場合は、そのままでは表内には挿入できませんでした。

貼り付ける形式が「四角」のまま表内に挿入するには、「レイアウト」のオプションで「位置」タブにある「オプション」の「表のセル内で配置する」のチェックボックスがオンになっていることを確認して、アンカーマークをセル内にドラッグして貼り付けしなければなりませんでした。
貼り付ける形式が四角の画像を表内に挿入するには

レイアウトが四角でセルへ挿入

Word2013では、「四角」の形式の場合でも、表内に挿入できます。
アンカーマークと一緒にセルへ挿入されます

カーソルも入りますので、文字を挿入する場合は、便利ですね。

四角と行内の違い

貼り付ける形式が「四角」と「行内」の時の違いです。

表のセル内で配置

「表のセル内で配置する」の設定はどうなっているのかと見てみると・・・

画像を選択して、ショートカットメニューから「レイアウトの詳細設定」をクリック、

「位置」タブにある「表のセル内で配置する」は、グレーになっています。