410 410 図形の書式設定のグラデーション | 初心者のためのOffice講座-SupportingBlog2 Yoshiko Hamamoto

図形の書式設定のグラデーション

Office2007の図形の書式設定は、
Excel2007の図形、テキストボックス、データ系列
PowerPointの図形、テキストボックス、プレースホルダ で表示されます。

図形の書式設定のグラデーション

図形の書式設定の中でもグラデーションの設定は少し分かりづらいですね。

以下は、PowerPoint2007で図形を挿入して「図形の書式設定」を表示して、「塗りつぶし」から「グラデーション」を選択したところです。

グラデーションの分岐点

既定のグラデーションの分岐点は3つです。この分岐点は右側の「追加」と「削除」ボタンから、増減させることができます。


この各分岐点の色を設定して、分岐点の数値を設定して任意のグラデーションを作成することができます。
Office2007では、リアルタイムプレビュー機能で結果を確認しながら、設定できるので便利ですね。

リアルタイムプレビューとは、一覧の選択肢をポイントして、設定後の結果を確認できる機能のことです。
確定前に結果を確認できるため、繰り返し設定しなおす手間を省くことができます。

以下は、分岐点は2つで、分岐点1はテーマの色をそのままで0%、分岐点2は、白を選択して100%にしています。


Office2010の図形の書式設定

Office2010では、グラデーションの設定は、もっと分かり易くなっています。
Office2010では、Wordも同じ「図形の書式設定」です。


図形の書式設定のグラデーション | Office2010 | 初心者のためのOffice講座