410 410 オートカルクの計算結果を複数表示 | 初心者のためのOffice講座-SupportingBlog2 Yoshiko Hamamoto

オートカルクの計算結果を複数表示

知られているようで、案外知られていない機能のようです。
Excelには、範囲選択するだけでステータスバーに計算した結果を表示してくれる機能があります。
ただ、その結果を保存することはできませんが。

Excel2003では、計算の種類は「平均」「データの個数」「数値の個数」「最大値」「最小値」「合計」で、この中のどれか一つしか表示することしかできませんでした。

【オートカルク】とは数式不要の簡易計算機能 | Excel2003 | 初心者のためのOffice講座


Excel2007では複数表示が可能

これが、Excel2007では、「ステータスバーのユーザー設定」となり、複数の値を同時に表示することができるようになりました。


ちょっと嬉しい機能ですね。

また、ステータスバーに表示できる項目はアプリケーションによって異なります。

ステータスバーのユーザー設定