410 410 先頭ページのみ別指定 | 初心者のためのOffice講座-SupportingBlog2 Yoshiko Hamamoto

先頭ページのみ別指定

Excel2007になって非常に便利になったことがあります。

「ページ設定」ダイアロブボックスの「ヘッダー/フッター」タブを比べてみるとわかるのですが、以下はExcel2003の「ページ設定」ダイアログボックスです。


Excel2007のページ設定ダイアログボックス

以下は、Excel2007の「ページ設定」ダイアログボックスの「ヘッダー/フッター」タブです。
4つの項目が追加されています。
  • ドキュメントに合わせて拡大/縮小
  • ページ余白に合わせて配置
  • 奇数/偶数ページ別指定
  • 先頭ページのみ別指定
特に、ページ番号については、以下の2つは便利ですね。
  • 奇数/偶数ページ別指定
  • 先頭ページのみ別指定

先頭ページのみ別指定

「先頭ページのみ別指定」のチェックボックスをオンにすると、先頭ページにはページ番号を挿入せずに、2枚目からページ番号を挿入したりできます。

Excel2003までは、ワークシートを分けたりして印刷していました。


以下の2つは既定でチェックボックスはオンになっています。
  • ドキュメントに合わせて拡大/縮小
  • ページ余白に合わせて配置

挿入タブから設定

これは、「挿入」タブから「ヘッダーとフッター」ボタンをクリックして、


「デザイン」タブのオプションでも設定ができます。


「先頭ページのみ別指定」のチェックボックスをオンにすると、「フッター」ダイアログボックスは、下のように「フッター」と「先頭ページのフッター」のタブが表示されます。


「ページレイアウト」表示にして1ページ目のフッター部をクリックすると、下のように「先頭ページのフッター」と表示されます。


Wordと同じことができるようになりましたね。

1ページ目にはページ番号を挿入したくない | Word2013 | 初心者のためのOffice講座