410 410 ワークシートの表示範囲を指定 | 初心者のためのOffice講座-SupportingBlog2 Yoshiko Hamamoto

ワークシートの表示範囲を指定

Excel2007でワークシートの必要な範囲のみを表示させる方法です。

非表示にする列を選択

非表示にしたい最初の列番号を選択します。 「Ctrl」と「Shift」と「→」キーを同時に押します。 IV列まで一気に選択することができます。


列を表示しない

「ホーム」タブの「セル」グループにある「書式」をクリックします。
「表示設定」の「非表示/再表示」をポイントして「列を表示しない」をクリックします。
そうすると、選択していた列がすべて非表示になります。

選択した範囲で右クリックして、ショートカットメニューの中の「非表示」をクリックしても非表示にすることができます。


非表示にする行を選択

次に非表示にしたい最初の行番号をクリックします。
「Ctrl」と「Shift」と「↓」キーを同時に押します。
最後の行まで一気に選択することができます。


行を表示しない

そして、再び「ホーム」タブの「セル」グループにある「書式」をクリックします。
「表示設定」の「非表示/再表示」をポイントして「行を表示しない」をクリックします。
そうすると、選択していた行がすべて非表示になります。


以下のようになります。


以下の記事では、ウィンドウ枠の固定やスクロールバーを非表示にする方法も解説しています。

ワークシートの必要な範囲のみを固定するには

Excel2003でも同じ操作ができます。 
ボタンの位置が違いますが メニューバーの「書式」から「行」や「列」をポイントすると分かると思います。