410 410 複製(同じオブジェクトを同じ間隔で並べる) | 初心者のためのOffice講座-SupportingBlog2 Yoshiko Hamamoto

複製(同じオブジェクトを同じ間隔で並べる)

でスライド内に同じオブジェクトを同じ間隔で並べたいということはありますね。そういうときに便利な機能が「複製」です。
コピーして貼り付けるより、効率的です。

貼り付けのショートカットキー「Ctrl + V」

オブジェクトをコピーして貼り付けます。
そうすると、↓のようになります。


間隔を空けて、この同じ間隔でオブジェクトを貼り付けしたいのですが
貼り付けのショートカットは「Ctrl+V」を押しても、↓のように間隔を合わせることはできません。

複製のショートカットキー「Ctrl + D」

「複製」機能を使ってみます。
オブジェクトを選択して「ホーム」タブにある「貼り付け」から「複製」をクリックします。


コピー、貼り付けしたときと同じ位置に付けられます。
コピー(Ctrl + C)して貼り付け(Ctrl + V)するより、「複製」をクリックするだけですから、これだけでも便利ですね。

ここで貼り付けされたオブジェクトを少しドラッグして↓のような間隔に並べます。
複製のショートカット(Ctrl + D)を押すと、↓のように自分が設定した同じ間隔で貼り付けができます。

スライドを複製することもできます。



このショートカット(Ctrl+D)は、Excel、およびWordでオブジェクトを挿入後、そのオブジェクトに対しても同じように複製のショートカットキーとして使えます。

以下は複製に関する記事です。

複製コマンド | PowerPoint2003 | 初心者のためのOffice講座

複製のショートカットキー[Ctrl]+[D] : 初心者のためのOffice講座-SupportingBlog1

【参考】Word2010以降はこの機能の一部が使えなくなりました。ExcelやPowerPointは、2010以降も同じように使用することができます。

図形の複製コマンド「Ctrl+D」で位置が揃わない (Word2010)