410 410 コントロールのコンボボックスとドロップダウンリストの違い | 初心者のためのOffice講座-SupportingBlog2 Yoshiko Hamamoto

コントロールのコンボボックスとドロップダウンリストの違い

Word2007のコントロールもなかなか充実しています。
チェックボックス、オプションボタン、リストボックスなどは、アンケートを作成するときには便利な機能だと思います。

開発タブの表示

コントロールを利用するには、まず開発タブを表示させます。
既定では非表示になっています。
Officeボタンをクリックして、右下にある「オプション」をクリックします。
「Wordのオプション」ダイアログボックスの「基本設定」から「[開発]タブをリボンに表示する」のチェックボックスをオンにして「OK」ボタンをクリックして閉じます。


「開発」タブのコントロールグループの「デザインモード」ボタンをクリックして利用することが出来るようになります。

さて、このコントロールですが 「コンボボックス」と「ドロップダウンリスト」という同じようなボタンがあります。

コンボボックスの作成

まず、コンボボックスを作成します。

コンボボックスのボタンをクリックして、文書内でコンボボックスを表示したい位置でクリックします。
そして、「プロパティ」をクリックします。
あるいは、ボックス内で右クリックして、ショートカットメニューから「プロパティ」をクリックします。
「コンテンツ コントロールのプロパティ」ダイアログボックスを表示させます。
タイトルや、リストを入力します。
「選択肢」の追加を続け、終わったら「OK」ボタンをクリックして閉じます。
↓のようにコンボボックスが作成できます。

ドロップダウンリストの作成

では、今度は「ドロップダウンリスト」ボタンをクリックして、同じように作成してみます。

選択肢は同じく「男」と「女」です。

作成してみると、「コンボボックス」と「ドロップダウンリスト」は全く同じように見えます。

チェックボックスとドロップダウンリストの違い

どこが違うかというとですね、選択肢以外の文字列を入力できるか、出来ないかです。

コンボボックスでは、「男」を選択した後でも、「昔は男」なんて文字列を入力できます。
ドロップダウンリストでは、選択するだけで入力はできません。


編集のロック

入力後、プロパティからロックすると編集できなくなります。

文書の保護

コントロールを作成したら、「文書の保護」も忘れないようにしてください。

「リッチテキスト」と「テキスト」の違いも以下の記事で解説しています。
コントロールのリッチテキストとテキストの違い

関連ページです。
フォームにカレンダー表示

Word2013のコンボボックスの作成についても解説しています。
コンボボックスの作成