410 410 既存の文書を原稿用紙設定に | 初心者のためのOffice講座-SupportingBlog2 Yoshiko Hamamoto

既存の文書を原稿用紙設定に

Word2007では、すでに出来上がった文書も原稿用紙の設定にすることが可能です。

サンプル文の作成

半角で「=rand()」と入力して、「Enter」キーを押します。

そうすると、下のようなサンプル文が現れます。469文字です。サンプルとして、これを原稿用紙の設定にしてみます。

サンプル文の挿入については、以下の記事で解説しています。

Word2007 サンプル文(ダミーテキスト)の表示


原稿用紙設定ボタンをクリック

リボンの「ページレイアウト」タブから、「原稿用紙設定」ボタンをクリックします。

「原稿用紙設定」ダイアログボックスで設定

「原稿用紙設定」ダイアログボックスが表示されます。

スタイルは、以下の4つの中から選択します。

  • 原稿用紙の設定にしない
  • マス目付き現行用紙
  • 下線付き原稿用紙
  • 外枠付き原稿用紙

プレビューで確認することができます。
文字数x行数は、「20 x 20」と「20 x 10」 です。
罫線の色は、▼ボタンをクリックすると、カラーボックスが表示されて その中から選択できます。
袋とじの設定もあります。

既定の設定から、スタイルを「マス目付き原稿用紙」、印刷の向きを「横」にして「OK」ボタンをクリックします。


フッターやヘッダーの設定もここで行います。
「ヘッダーとフッター」のヘッダーの▼ボタンをクリックして目的のものを選択します。「配置」は「左、中、右」の中から選択できるようになっています。

原稿用紙の完成

「しばらくお待ちください」のメッセージが表示されたあと、下のように作成されました。


ただ、フォントサイズの変更はできません。フォントサイズは10.5ポイントです。

Word2013では、より詳細に解説しています。

原稿用紙の作成 | Word2013 | 初心者のためのOffice講座

Word2003では、テンプレートを使用して作成します。

原稿用紙の作り方 | Word2003 | 初心者のためのOffice講座