410 410 ムービーメーカー | 初心者のためのOffice講座-SupportingBlog2 Yoshiko Hamamoto

ムービーメーカー

Windows Vistaには、標準でムービーメーカーというアプリが搭載されています。

「スタート」ボタンをクリックして、「すべてのプログラム」をクリックします。
一覧の中に「Windows ムービーメーカー」があります。

ビデオや静止画像をムービー メーカーに読み込んでムービーを作成、編集することができます。

大変、面白いアプリです。始めは静止画像を使って、操作されることをお勧めします。

注意 MovieMakerを使用するには、Micorosoftのページからダウンロードして使用することができるようになっていましたが、2017年1月10日以降、ダウンロードの提供は廃止されています。これまで、[Windows ムービー メーカー 12 ]は、[Windows Essentials 2012 ]に含まれていたので、[Windows Essentials 2012]をダウンロードしてインストールする必要がありました。
Microsoftの以下のページに掲載されています。既にインストール済みのムービーメーカーは使用することができます。

Windows ムービー メーカーのダウンロード提供は廃止されました。



XPにもムービーメーカーが付属していました。
XPの時とプレビューモニタが少し変わっていましたが、おおまかには同じように操作することができました。

XPのモニタにあったカメラ(画像の撮影)ボタンはなくなりましたが、 再生中のビデオから画像を撮影することはできます。

モニタを再生中に画像として保存したい場面で「一時停止」ボタンを押します。
そして、メニューバーの「ツール」→「プレビュー画面の撮影」をクリックします。

また、モニタの「全画面」のボタンもなくなっていますが、
メニューバーの「表示」→「全画面表示」を選択するといいです。
ショートカットキーは、「Alt」キーと「Enter」キーです。
XPのムビーメーカーでは読み込めなかった録画が、Vistaのムービーメーカーでは読み込みことができました。ぜひお試しください。

XPでの操作ですが、リンクしておきます。
ムービーメーカー

ムービーメーカーで動画を回転させる方法も解説しています。
動画を回転させるには

素早く作成するには、オートムービーがお勧めです。
ムービーメーカーで「鶴の折り方」を作成しました。ご覧ください。