410 410 顔文字をIME2007で使うには | 初心者のためのOffice講座-SupportingBlog2 Yoshiko Hamamoto

顔文字をIME2007で使うには

以前からオレンジの顔文字を使っています。
Vistaでもオレンジの顔文字辞書を使おうとしたのですが、IME2007では、Windows IME用の辞書ファイル「orange_iz.dic」をシステム辞書に追加することができないようです。
なので、顔文字を単語登録して使っています。

標準の「Microsoft IME」に切り替えて顔文字を使用

標準のMicrosoft IMEに切り替えるとこれまで通りに辞書を追加できます。

「Microsoft IME」と「Microsoft Office IME 2007」は切り替えて使用することができます。
従来のIMEを使いたいのであれば、Windows 標準の IME に設定します。

もし、上記の画像のように「Microsoft IME」が表示されていない場合は、以下の記事を参考に設定してください。

言語バーにMicrosoft IMEを表示するには

IME2007に顔文字を単語登録する方法

顔文字のテキストファイルをダウンロード

まず、オレンジの顔文字辞書の「一括登録&単語登録用」からダウンロードして、一覧テキストファイル「List.txt」を使用します。

IME用からダウンロードしても、辞書ファイルと一緒にテキストファイル「list.txt」もダウンロードできますので、それを使用するといいです。

辞書ツールの表示

IME2007の「ツール」から「辞書ツール」をクリックします。

テキストファイルからの登録

「Microsoft Office IME 2007 辞書ツール」が開きます。メニューバーの「ツール」から「テキストファイルからの登録」をクリックします。


ダウンロードしたテキストファイル「list.txt」を選択します。
右下の「開く」ボタンをクリックします。


自動的に登録が始まります。
完了すると下のようになります。


これでメールなどでは顔文字を使えるようになるのですが、IE7では使用できません。
単語登録したものを使いたい場合は、サイトを「信頼済みにサイト」に追加しないといけません。
その方法については、以下の記事を参照してください。

単語登録したものが出てこない

以前、登録していたものを使いたい場合の方法は、以下の記事を参照してください。

[IME]単語登録したものを他のパソコンへコピーしたい

単語登録のエクスポートとインポート | IME | 初心者のためのOffice講座