410 410 下位バージョンのファイルを開いて新形式に変換 | 初心者のためのOffice講座-SupportingBlog2 Yoshiko Hamamoto

下位バージョンのファイルを開いて新形式に変換

Office2003以前のバージョンで作成したファイルは、Office2007で通常通り開くことができます。

Officeボタンをクリックして、メニューの中から「開く」をクリックします。
ショートカットキーは、「Ctrl」+「O」ですね。


「開く」ダイアログボックスから目的のファイルを選択して、ダイアログボックスの右下の「開く」ボタンをクリックして表示します。

タイトルバーに[互換モード]と表示

下のように開いて、タイトルバーを見ると[互換モード]と表示されています。
編集したあと、上書きするとそのままのバージョンで保存されます。


新形式に変換

Office2007形式に変換したい場合は、Officeボタンをクリックして「変換」をクリックします。


メッセージウィンドウが表示されます。「OK」ボタンをクリックします。

この処理では、文書を最新のファイル形式に変換します。文書のレイアウトが変更される場合があります。
変換すると、Wordのすべての新機能が使用可能になり、ファイルサイズが小さくなります。この文書は、変換されたバージョンに置き換えられます。


タイトルバーの[互換モード]が非表示になります。


ExcelやPowerPointも同じ操作です。

Office2010でも解説しています。

互換モードの確認と新バージョンへの変換 | Office2010 | 初心者のためのOffice講座