410 410 レポートフィルターページの表示 | 初心者のためのOffice講座-SupportingBlog2 Yoshiko Hamamoto

レポートフィルターページの表示

Excel2007からピボットテーブルの「レポートフィルターページの表示」のボタンの位置は、ちょっと分かりにくいですね。

以下は、Excel2013のピボットテーブルです。

レポートフィルターの確認

レポートフィルターには、「販売店」フィールドがあります。


販売店フィールドには、「熊本」「佐賀」「大分」「長崎」「福岡」の項目があります。



レポートフィルターが「すべて」になっていることを確認します。

レポートフィルターページの表示

ピボットテーブル内でクリックして、「分析」タブの「オプション」から「レポートフィルターページの表示」をクリックします。

オプションの文字の横にある▼ボタンをクリックしてください。「オプション」をクリックすると「ピボットテーブルオプション」ダイアログボックスが表示されます。

※レポートフィルターにフィールドがない場合は、このボタンはグレイの状態で無効になります。


「レポートフィルターページの表示」ウィンドウが表示されます。
複数のフィールドを設定している場合は、目的のフィールドを選択します。「OK」ボタンをクリックします。


シートの確認

「販売店」の各項目別にピボットテーブルのシートが作成されます。


Excel2010でも解説しています。かなり便利な機能ですので、ぜひ活用してください。

ピボットテーブルのフィルター項目を各シートに分割(レポートフィルター ページの表示)